検索
  • RIE YAMAGUMA

妊娠とアロマ

 女性の方は、「毎月の生理で気持ちの乱れなんかない」「体もちょっぴりも辛いことなんてない」という方は少ないのではないでしょうか。そんな方は妊娠してさらに調子が悪くなってしまったという方は多いように思います。

稀に、逆に妊娠中のほうが調子がいい方もいらっしゃいますが、それでも妊娠後期には背中の痛みやむくみのお悩みが出ることも。

 妊娠した際のホルモンバランスの変化に、体の変化。妊娠前からの便秘や貧血の悪化とか、腰痛な悪化など不快感は人によってさまざまですが、変化の多くは医学的には病気と違い治療されることは少なく、<マイナートラブル>と呼ばれます。

つわりや恥骨痛など、マイナートラブルの多くは妊娠期間が終了したら解消されることが多いのですが、症状を抱えてる妊婦さんには『今がとても辛いんです!』とアロマトリートメントに癒しと不快感の軽減を求めていらっしゃいます。

また、体の不調のみならず、生理の時のようなイライラや出産に関しての不安からか気持ちの落ち込みや気持ちの面でも悩んでいる方も多いですね。


こんな<マイナートラブル>ですが、Ka-Fu:にいらしたお客様には、薬を使うことなく不快感を緩和することや、気持ちを落ち着けることをアロマテラピーを通してお伝えできればと思っています。


妊娠中に使ってはダメなアロマ(清油)はありますか?と聞かれること多いのですが、ズバリ答えはあります!

香りをお部屋で香らせる芳香浴では週数や成分などあまり気にしなくてもいいですが、体に使用するときには週数も内容成分も注意が必要です。

※20週未満はハーブティーや芳香浴などにとどめておきましょう。赤ちゃんとお母さんのことを考えて、トリートメントは20週から受けていただいております。


マタニティトリートメントもしている、当店Ka-Fu:で聞いた、妊娠中のお悩みベスト5は


①むくみ

②腰痛

③イライラ(ストレス)

④便秘

⑤肩こり


妊娠前にももちろんむくみや腰痛あるでしょうが、妊娠するとさらに辛くなるようです。

イライラに関しても、ホルモンバランスの乱れが原因なこともあるでしょうが妊娠や出産に関しての不安もあるようです。


イライラには、自分の好きな時間を取ったり、お話し聞いてもらったり。イライラ解消の方法はほんと人それぞれでしょうが、プラスでアロマを取り入れてみるのもいいと思います。

ラベンダーなどのお花の香りもいいですし、レモンやオレンジなど柑橘系アロマはどれも、特におすすめでイライラや気持ちの落ち込み、つわりの時にも使えておすすめですよ。お守りがわりにぜひ1本持っていてもいいかもと思うくらいです。


便秘には消化器系の動きを促す背中とお腹のトリートメントがおすすめです。(お店ではお腹のトリートメントは任意でおこなってます。)


むくみ、腰痛、便秘、肩こりは冷えからくるものも多いので体を温めることがとっても大事です。妊娠中は体温が高くなるのであつくて靴下はいてられないって方にはよくレッグウォーマーをお勧めすることも。また、気になる箇所をちょくせつ触るトリートメントももちろんいいですね。

色んなお話しを聞かせていただいて、ちょっとしたマッサージもお時間あればお教えしますので気軽に声かけてくださいね♪

少しでもマタニティライフが素敵なものになるようにお手伝いできれば幸いです。



#マタニティ #アロマ #マッサージ #妊婦 #博多駅 #博多 #福岡 #ペタルーナ #かおりと #和精油 #アロマセラピスト #アロマインストラクター #アロマテラピー #駅近 #丁寧な暮らし #プライベートルーム #ママと女性のための #小さなアロマルーム

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご予約・お問い合わせは☎︎         または メール<        > まで

 

​080−1799−0087

 

福岡市博多の博多駅近く。駐車場はありませんのでお近くのコインパーキングをご利用ください。

 
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • LINE_APP_edited